女の人

外部からの侵入者を防ぐ

鍵と家

防犯対策の一環

一戸建てに住んでいるという場合、もしくは賃貸アパートの一階に済んでいるという場合には、外部からの侵入者に備えた対策が必要となります。侵入者を防ぐための方法として、侵入しにくい状況を作るということが大切になります。そこで、注目されているのが、防犯砂利の存在です。防犯砂利は、通常の砂利とは異なり、その上を歩くと、大きな音が出ます。その為、その音で侵入者の存在を知ることが出来ますし、侵入者にとっては、非常に厄介に感じられるものでしょう。見た目は一般的な砂利と比べると少し大きいですが、夜間などではその違いを見極めることは難しいでしょう。非常に軽い素材で出来ているために、扱いやすいという特徴もあります。

敷き方

防犯砂利は外部からの侵入者の存在を知るために使用するわけですから、効果的な敷き方としては家の周囲に敷き詰めるようにします。この時、雑草が生えるようなところに敷く場合には、下から雑草が生えてくると、防犯砂利の効果が半減してしまう可能性がありますので、防草シートなどの上に砂利を敷くようにしましょう。このようにすることにより、いちいち草むしりをしなくても雑草に邪魔されるという事はありません。また、防犯砂利はある程度の厚さがないと効果がありません。最低でも3cm程度の厚みになるように敷き詰めるようにしましょう。広がるようであれば、枠などを作り、その中に砂利を敷くという方法もあります。防犯効果を高めることが出来るでしょう。