女の人

防犯と庭作りを兼ねた砂利

一軒家

防犯効果を維持するために

防犯砂利は、石と石がぶつかり擦れることで大きな音を出す特徴がありますが、正しい敷き方をしないと音の効果が低減してしまいます。防犯砂利を敷く前に必要な作業として除草作業と防草作業がありますが、除草と防草をしておくことで、雑草が伸びて防犯砂利を覆う心配がなくなります。防犯砂利は、人が歩き石が擦れることで少しずつ減ってしまうので、地面がしっかり隠れるくらいの高さに敷くことが大切です。特に、人の出入りが多い玄関や裏口などには多目に敷き詰め、最初に敷いた量より減っていないか時々確認することが必要です。また、防犯砂利はとても軽いため強風で飛ばされたり、豪雨で流れることも考えられるので、正しい敷き方や特徴を理解し利用することで、防犯効果を長く維持できます。

様々なメリットがある砂利

防犯砂利を利用する人の多くは、手軽な音による防犯効果を期待して利用していますが、綺麗な色合いの防犯砂利を庭作りの一環として利用している人も多くいます。防犯砂利は、廃ガラスを高温で溶かし発泡させて作った石なのでとても軽く扱いやすいため、女性でも簡単に敷くことができ、庭作りを楽しめます。また、廃ガラスを利用しているので環境に優しくリサイクルになり、エコな庭作りができます。さらに、防犯砂利は空気を多く含んでいるため保温効果があり、冷害予防として庭に敷いている人もいます。褐色や白色、黒色やミックスなど様々な色がある防犯砂利は、家の雰囲気に合わせて選ぶことができ、防犯を意識しながら理想の庭作りに役立ちます。